産業用手袋を探す課題から探す

異物混入対策

様々な現場で発生する異物混入の影響は、食の安全や機械の製品不良など多岐にわたります。工具や製品に触れることの多い「手」についても、食品に同化しやすい色の手袋や糸くずが出やすい手袋を着用していると、異物混入のリスクは高まります。異物混入対策に有効な手袋を着用し、問題を未然に防ぎましょう。

異物混入対策

異物混入対策に適切な手袋を使っていますか?

  • 手袋の破片が食品に混入した際、手袋の色によっては、発見が困難になる可能性があります。
  • 手袋から出た糸くずが基板などに付着し、製品不良の原因になることがあります。
  • 手袋のスベリ止め部分の樹脂が剥がれ、塗装面に付着すると塗膜表面が平滑に仕上がらないことがあります。
  • パネルなどエッジが立った箇所で手袋を切ってしまい、切れた部分からの発塵によって、製品不良につながることがあります。

ショーワグローブの手袋なら、異物混入による製品不良対策に有効です。

食品への異物混入対策

近年では、食品への異物混入問題について、消費者の関心が高まっています。そのような中、食品に直接触れる機会の多い手袋にも異物混入対策が重要です。耐久性があり破れにくく、破れた場合でも色が目立つなど、破片が発見しやすい手袋(食品衛生法適合)の着用がおすすめです。
※特にブルーは食品には少ない色であるため、異物混入対策に有効です。

異物混入対策

素手感覚で作業をしたい方へ

効率的に作業を行うには、手・指先の感覚が大切です。指先までぴったりフィットし、素手感覚で作業ができるディスポーザブル手袋がおすすめです。下記掲載の手袋はニトリルゴムを採用しており、食品衛生法に適合しています。当社のニトリルゴム製ディスポーザブル手袋は、作業内容・用途に合ったタイプを選んでいただけるよう、サイズだけでなく厚みやカラー、長さのバリエーションを取り揃えています。また製造工程において、汚れや異物の付着を防ぐ対策を実施することで、安定した製品の供給に努めています。

丈夫な手袋をお求めの方へ

ディスポーザブル手袋に比べ厚みがあり、耐久性に優れています。洗濯して繰り返しお使いいただけます。下記掲載の手袋はニトリルゴムを採用しており、食品衛生法に適合しています。
※繰り返しご使用になる場合は、手袋の切れ・破れなどがないかの点検や、消毒などの衛生面にご配慮をお願いします。

手袋内部のムレが気になる方に

  • ディスポーザブル手袋などを使用する際、あらかじめインナー用の手袋を装着することで、汗や湿気を吸収し、ムレやベタつきを抑えることができます。

糸くず・ホコリの混入対策

電子部品や半導体などの取り扱いには、微細なホコリも大敵です。短繊維で作られた軍手やスムス手袋などは、糸くずが抜けやすく、脱落した糸くずが部品などに混入すると、製品不良につながる可能性があります。繊維が抜けにくく、手袋からのホコリや糸くずの発生を抑える長繊維を採用した手袋の着用をおすすめします。

糸くず・ホコリの混入対策

スベリ止め加工

スベリ止め加工を施しているため、高いスベリ止め効果を発揮します。

コーティングなし

スベリ止め加工を施していない手袋です。インナー手袋としてもお使いいただけます。

樹脂の剥がれによる混入対策

長繊維の手袋もスベリ止め部分の樹脂強度が低いと、尖った部品やテープの粘着部分で樹脂がはがれ、製品へ樹脂クズが混入することも。摩耗強度・剥離強度に優れた樹脂をコーティングした手袋を着用することで、樹脂の脱落による異物混入の低減につながります!

樹脂の剥がれによる混入対策

手袋の破れによる混入対策

カッターナイフやバリがついた製品など、鋭利なものを扱う作業では、切創事故を防止するため耐切創手袋を着用することが重要です。しかし手袋の種類によっては、手袋の切れた部分から糸くずが発生する可能性もあります。この糸くずが部品などに混入すると、製品不良につながる恐れがあります。切れにくい耐切創繊維の中でもホコリが発生しにくい長繊維を採用した手袋を着用することで、手袋の破れによる糸くずの発生を抑えましょう!

糸くず・ホコリの混入対策

スベリ止め加工

スベリ止め加工を施しているため、高いスベリ止め効果を発揮します。

コーティングなし

スベリ止め加工を施していない手袋です。インナー手袋としてもお使いいただけます。

耐切創手袋との併用で安全性アップ!

  • 手袋だけでは保護できない、手首部分や腕全体を保護します。

手袋に関するご質問、ご相談はこちら