VOICEお客様のご意見を参考にしました

お客様からいただいた貴重なご意見をもとに、改善・開発した事例をご紹介します。

CASE 1水まわりの作業で、薄手タイプの手袋を使っている。指先部分が先にダメになってしまう・・・。

「ナイスハンドミュー薄手」は指先をダブルコートすることで従来品に比べ、指先部分の強度を向上させました。

CASE 2中厚手タイプの手袋を使っているが、ゴワツキを感じることもあり、もっと手の感覚を活かしたい。

「ナイスハンドミュー中厚手」は手の自然なカーブにつくられた手型と独自の接着植毛加工のコンビネーションにより、従来品に比べ、よりやわらかく手にフィットするように改良した商品です。

CASE 3食器洗いに手袋を使用しているが、Sサイズでも大きく作業がしづらい。もっと手にフィットする手袋があればいいのに・・・。

Sサイズよりも少し小さいXSサイズの手袋「ナイスハンドPetit(プティ)」は、食器洗いや掃除などにお使いいただける、塩化ビニール製の手袋です。手袋内面には肌ざわりのよい裏毛がついており、さらっと気持ちよい使用感です。Sサイズでもゆとりを感じる方は、ぜひフィット感をお試しください。また、お子様がお手伝いする時にもお使いいただけます。

CASE 4夏場に手袋をはめて作業をしていると、汗が手袋の中にたまってムレる、におう・・・。

「テムレス」は、“防水性”と“透湿性”を兼ね備えた特殊ポリウレタンを手袋全面にコーティングした手袋で、外部からの水などは通さず、手袋内部の湿気を外部に放出することで、ムレを軽減します。手袋内部のムレやベタつきにお困りの方は、ぜひお試しください。また、裾部分からの土やゴミの侵入を防ぐ「ジャージテムレス」もございます。

CASE 5料理をする時に使いきり手袋を使用しているが、色がもっと華やかな手袋があればいいのに・・・。

「家事を楽しくしたい」という女性の声を参考に、「ロゼピンクのつかいきり手袋」を発売しました。食品衛生法に適合しているため、料理の下ごしらえなど、食品に直接触れる作業でもお使いいただけます。

CASE 6色の薄い手袋だと、屋外で使う時に日焼けが気になる・・・。

紫外線遮蔽率99%以上の生地を採用した「ピッタリ背抜き袖口カバー」を発売しました。洋服の裾と手袋の間に隙間を作らないロングタイプです。ぜひお試しください。

CASE 7食器を洗っていると裾がズリ落ちて、中に水が入ってしまう。どうにかなりませんか?

「水カット手袋」は、手袋の裾部分にマジックテープ®をつけることで、着用時のだぶつきを解消しました。 裾部分のだぶつきが気になる方は、ぜひお試しください。※「マジックテープ®」は株式会社クラレの登録商標です。