自分で限界を決めない。
幅広い業務経験を強みに、
ICTで会社を支えたい。

ビジネス推進本部 情報システムグループ櫻井 祐輔2011年 入社

全体を見渡す目が、
会社の基盤を支える。

僕が現在所属する情報システムグループは、社内のICTに関する管理全般を担当している。会社を運用していくうえで必要な情報を集積した基幹システムをはじめ、大切な勤怠情報を管理するためのシステム、各PCに入っている業務用ソフトの更新など、業務の基盤となる数々のシステムを日々保守・改善し、社員の仕事をサポートするのが僕たちの仕事だ。

中でも僕に任せられているのは、各部署の情報をシステムでつなぎ、会社の経営業務を円滑に回していくためのシステムの保守と運用サポートだ。このシステムはさまざまな部署の人が使用するため、使いやすいシステムである必要がある。要望があればシステムの改修や新しい仕組みを導入して、生産性を向上させ、より働きやすい環境に改善していく。その際、大切なのは業務の一部ではなく、全体を見渡して考えることだ。ひとつの要望だけに目を向けて改善しようとすると、前後の工程を担当する部署で不都合が生まれてしまうことがある。システム変更がどの程度の影響を与えるのか、要望を上げた部署だけではなく関連する担当者からもヒアリングをし、調整していく。部署間の連携やそれぞれの立場を理解しておかなければ、みんなに喜ばれるシステムは構築できない。

こうして業務全体の流れを見渡して考えられるようになったのは、入社して以来、さまざまな現場で得てきた知見によるものだ。若いうちから多くの経験を積める。それは、僕がショーワグローブに入社する決め手にもなったことだった。

視野を広げる転機となった
マレーシア赴任。

就職活動中、ショーワグローブの座談会で先輩社員が話してくれた。「若い頃から国内外でさまざまな体験ができ、自分の価値観を広げられる」その言葉がとても印象的で、ショーワグローブへの入社を決めた。

入社1年目は、製造部に配属され、日本の工場で塩化ビニール製手袋の製造ラインを担当した。作り出される製品の品質に影響を及ぼすような異常がないか、製造ラインを日々チェックする。責任を持って懸命に取り組んではいたが、振り返ると当時の僕は、自分の担当する工程にしか気が回っていなかったと思う。

そんな僕の転機となったのは、丸2年経とうとする頃に決まったマレーシアへの赴任だ。マレーシア工場が業務改善のために新システムの導入を検討していた。ITに特に詳しかったわけではないけれど、そのプロジェクトメンバーに製造部から僕が選ばれたのだ。僕に課せられたのは、工場内の情報を集めてシステムに落としこむための橋渡し役。各製造工程の作業内容と求められている機能を調査し、システムの要件定義に必要な情報をまとめること。そのためには工場業務の全体像を把握しなければならなかった。これまで担当したことのない工程の現場に足を運び、工場内を走り回っては声をかけた。それは、これまで製造部にいながらも知らないことが多かったことに気づかされるとともに、製造業務とそれに関連するICTについても多くを学ぶ絶好の機会になった。

プロジェクト終了後は、品質管理のほか、システムの安定稼働を目指した改善業務や現地スタッフのマネジメント業務までも担当し、より幅広い対応力を求められるようになった。その頃には、もう以前の僕とは意識の面でがらりと変わっていた。日本ではライン工程の一作業者として働いていただけだったが、その時には意識できなかった業務全体の流れを見られるようになっていたのだ。

マレーシアでのこの経験は、言葉の苦労もあったけれど、なによりも僕の視野をぐっと広げてくれる大きなきっかけとなった。

問題意識を持って取り組むと、
仕事は楽しくなる。

マレーシアに赴任して1年が過ぎた頃、トラブルが起きた。システムで管理している倉庫の在庫量と実際の在庫量が一致していなかったのだ。実際の在庫とシステムの在庫にズレがあれば、お客様のオーダーに応えられず、迷惑をかけることにもつながりかねない。だからこそ、在庫管理は重要なのだ。どうにかして解決したいという強い思いから、担当外である倉庫の在庫管理業務を「やらせてください」と自分から頭を下げた。

在庫管理という仕事は生産された製品をお客様のもとに届ける、物流の仕事と直結する。不一致を生み出す原因を探すうちに物流視点での仕事の流れを知り、これまで見えていなかったものが見えてきた。倉庫側にインプットする情報の差異があったが、製造側にもアウトプットする情報に差異が生じていた。そして、課題を解決するためには、仕組みづくりが大切だと気がついた。

このような部署をまたいだ課題の解決に取り組みながら感じたことがある。自分で課題を見つけて解決していくような自発的な姿勢でいると、仕事がどんどん楽しくなっていく。かけた熱量に呼応するように解決策も浮かんでくる。そして、僕のようなチャレンジする人を会社も応援してくれる。たとえ解決策がうまく見つけられなくても、周りの人が力を貸してくれるのだ。そこがショーワグローブのよいところで、僕は暖かみと懐の深さを感じている。

枠にとらわれない業務経験が、
今の僕の強み。

6年目になった時、製造グループから情報システムグループに転属になり、日本に帰国した。マレーシアでのシステム導入プロジェクトで一緒だったプロジェクトマネージャーが、今の僕の上司だ。

ここに配属されてから強く思うのは、製造から物流まで幅広い業務を経験してきたことが、今の僕の強みになっている。ICTはどの部署からも切り離せないだけに、ひとつの仕様変更が及ぼす影響も大きい。手順がどう変わるのか、何のために変えるのか、使う人たちによく理解してもらって初めて新しい仕組みが受け入れられる。システムは、いかにその仕事をやりやすくするかが肝心だ。それには使う人のことや会社の方針などを考え、本来あるべき姿を目指しながら設計しないといけない。1つのシステムに携わる部署が多くなるほど、それぞれの部署の業務や役割を理解して連携させないと、うまく回っていかないのだ。

部署をまたぐ担当者間で打ち合わせをしていても、僕は双方の仕事の流れがわかるので、お互いの言い分に共感してすり合わせができる。また、あるべき業務の流れを想像して解決策の提案もできる。コミュニケーションを密に取って、問題を未然に防ぐこともできるのだ。

いろいろな現場を経験してきたが、今思えば「自分で限界を決めずに、とりあえずやってみよう」と取り組んできたのがよかったのだと思う。ITの十分な知識がないまま新システムの導入プロジェクトに参加した時も、製造現場から倉庫の在庫管理業務にトライした時も、まずは飛び込んだ。海外での慣れない英語のコミュニケーションも大きな経験値となった。

自分の担当はここまでだと決めつけず、「やってやろう」という気持ちで取り組んできた結果、多くの現場を経験することになったが、どの仕事も楽しかった。そのすべてが今の僕の財産だ。

この培った経験を活かし、これからもIT技術の発展や社内業務の変化に対応しながら、各部署をつないで会社全体がレベルアップする仕組みづくりを目指していきたい。

1年目 製造グループ(当時の製造部)に配属 塩化ビニール製品の製造ライン管理を担当 2年目 マレーシア工場に出向 システム導入プロジェクトに参加 3年目 プロジェクト終了後、品質管理、現地スタッフのマネジメント業務を担当 4年目 倉庫で在庫管理業務を担当 5年目 染色工程、ニトリルゴム製品の製造ライン管理を担当 6年目 日本に帰国 情報システムグループに配属 現行業務に至る

ICTで円滑な
企業活動を支える

情報システムグループは社内のあらゆる部署で使われているPC、業務用ソフトの管理から、WEBサイトの制作まで社内のICTに関する業務全般を担当し、ビジネスに密着した仕組みづくりを支援しています。社内のほぼすべての部署と関わりを持ち、日々発展していくIT技術をいかに企業活動へ活かせるか、外部のベンダーとも相談して業務改善を目指す刺激の多い仕事です。

その手が、未来をつくる。

わたしたちとともに未来をつくる、
仲間の応募を待っています。